機能が固定している点など、コンテンツマネジメントシステムには色々とデメリットもあるので、その点を理解しながら活用していくようにしましょう。クラウド型のコンテンツマネジメントシステムだと、ベンダーによって提供されているシステムを活用していきます。その性質上、機能が固定されていてコンテンツマネジメントシステムのカスタマイズを行うことが難しい点が色々と出てきます。機能を自由に変えたい時には、コンテンツマネジメントシステムで対応しているかチェックしておかなければなりません。

 

コンテンツマネジメントシステムはセキュリティの問題も考えていかなければ、ホームページがウイルス感染などを起こしてしまいます。最近ではコンテンツマネジメントシステムを利用して、作ったサイトをメインにサイバー攻撃が仕掛けることもあります。特にオープンソースを利用していると、脆弱性が発見されるケースが非常に多く注意しなければなりません。パッケージはコンテンツマネジメントシステムを設置する企業のセキュリティ体制で、大きく変化するので注意するようにしましょう。

 

そしてキャンペーンで活用するサイトだと、全く異なったデザインが必要になります。コンテンツマネジメントシステムは一元管理がメインなので、斬新かつ変則的なホームページのレイアウトは向いていません。注意しながらコンテンツマネジメントシステムを使うか、じっくりと検討しましょう。

Pocket